二拠点生活とは

二拠点生活(デュアルライフ)とは二か所に行き来しながら暮らしていくスタイルです。都市部と地方部に二つの拠点をもち、定期的に地方部でのんびりとすごしたり、仕事をする新しいライフスタイルの一つで、国土交通省も推進している週末田舎暮らしの事です。今や若い世代の間で増加傾向にあり、デュアルライフに踏み切る人が増えています。(デュアラーと呼ばれています)
img
近年は空き家やシェアハウスを活用して、20~30代のファミリーがデュアルライフを楽しみ始めています。 憧れはあってもお金がかかるからムリなのではないか。そんなイメージに反して、安価で気軽に始められるサービスや取り組みがあり、「譲り受ける」「泊まる」「借りる」「買う」「貸す」など2拠点目の住居形態は多様化。誰もが気軽にデュアルライフを楽しめるように変化してきているのです。 また、デュアルライフ実施後は多くの人の生活は豊かさが増し、満足度が上昇しています。
img

今現在、二拠点生活が増えている背景として 働き方の改革など様々な事が影響しています。

  • 都市部では緑の場所が少なく、窮屈に感じるため
  • 故郷と呼べる場所がほしいと思う人が増えている
  • 子供を自然にふれさせたい・五感を豊かにさせたい
  • 職場にいかずとも働ける環境(テレワーク)が整ってきたため
  • 趣味を満喫したい
  • 災害が起きた時に避難できる
  • 田舎暮らしをしたい

☆二拠点生活のメリット☆

  • 自然に触れ、自然のマイナスイオンをあびれる
  • 春の暖かさ等、四季を体感
  • ゆっくりとした時間の流れを感じリフレッシュできる
  • 水も綺麗で農作物も新鮮
  • 趣味を満喫できる
  • 都市部にはない人間関係ができる(新たなコミュニティ)
  • 都市部のような競争する生活がなくストレスを感じなくてすむ
  • 仕事と私生活のメリハリがつく(例)都会は仕事・田舎は趣味
  • その時の気分によって環境をかえれる(田舎のよさ、都会の良さをそれぞれ楽しめる)
  • 様々な住み方や使い方が可能

しかしながらデメリットもあります・・・

  • 当然ながら二倍の出費(家賃・生活雑貨・日用品・家具)等
  • 移動が思っていた以上に大変(距離が長くなれば交通費の負担も)※移動は2時間程度が理想です
  • 防犯面
  • ゴミ捨てのタイミングがあわない
  • 急な誘いに乗れない
  • 掃除が大変

いくつかデメリットもありますが、どんな環境で人生を過ごすかが最重要であり、今の暮らしを維持しながら、新しい暮らしをプラスすることができ、心身ともに豊かで穏やかな生活を送ることが可能なデュアルライフが、今増加傾向にある理由だと思います。

今後さらにデュアルライフを楽しむ動きは広がり、多くの人が当たり前に行う時代になる。そして、幸せな毎日を送る人が増えていくことを願っています。
COPYRIGHT(C)Second Life co.,LTD,AllRIGHTS RESERVED.

ページ先頭へ