空き家問題

LOGO空き家問題

空き家問題

少子高齢化によりドンドン増える「空き家」そのままにしておくと大問題になる場合があります。
そのリスクと問題点をわかりやすくお伝えします。

こんなにあった問題点

  • ケース1 建物の老朽化

    倒壊などで死傷者が発生したり火災などの災害が発生した場合に避難路の確保が難しくなる

  • 景観の悪化

    植木が伸び放題になったり落書きをされたりする恐れがある。

  • 犯罪の誘引

    不審者が建物内に入り犯罪を発生させる恐れがある

  • 衛生上の問題

    ゴミの不法投棄などをされそこから発生する悪臭や虫などの発生でのトラブル

法律で空き家を放置できなくなりました。2015年 空き家対策の推進に関する特別措置法が施行されました。

市区町村から『特定空家等』に指定されると、空き家の所有者は、空き家の立入調査や修繕・撤去の指導、解体除去代執行等を受容しなければならなくなりました。

『特定空家等』の所有者に対して、特別措置法に基づく必要な勧告の対象となった『特定空家等』に係る土地は、住宅用地に係る固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置の対象から除外されます。

このようなお悩みがあったらお気軽にご相談ください。

セカンドライフのサポート取引実績多数のセカンドライフにお任せください!

  • 空き家管理サービス
  • 売買の仲介
  • 賃貸管理
COPYRIGHT(C)Second Life co.,LTD,AllRIGHTS RESERVED.

ページ先頭へ